注目キーワード

旅行先で哺乳瓶消毒!荷物が少ない消毒方法

旅行先での哺乳瓶消毒は、どうすれば良いか悩んでしまいますよね。

生後6ヶ月過ぎまで自宅での育児に専念できるなら問題ありませんが、旅行、外泊しなくてはならない状況もご家庭によって出てくるものです。

この記事では、なるべく少ない荷物で哺乳瓶を旅行先で消毒する方法をお伝えしていきます。

 

旅行先で一番簡単な哺乳瓶の消毒方法

消毒

旅行先で一番簡単な哺乳瓶の消毒方法は「消毒液を使った方法」です。
理由は粉末や錠剤タイプの消毒液なら荷物もかさばらず、水とジップロックさえあればどこでも消毒できるからです。

 

しかし、旅行の計画や宿泊先の設備によっては、電子レンジ消毒の方が便利な場合もあるでしょう。

 

次の段落から、旅行の計画によって「消毒液」か「電子レンジ消毒」のどちらが良いのか、そしてそれぞれの消毒方法のメリット、必要な荷物などについてお伝えしていきます。

 

旅行の計画によって消毒方法を考えよう

旅行の計画によって、おすすめする消毒方法は変わってくるので、事前に旅行プランの内容を確認しておきましょう。

 

例えば、1日の移動が長い場合は消毒できるタイミングが朝と夜しかないはずです。
また宿泊先の設備によって、必要な荷物も変わってきますね。

 

ここでは移動手段、旅行先での移動、そして宿泊先ホテルの設備などから、哺乳瓶の消毒に必要な荷物を考えていきますね。

 

旅行計画をチェック

旅行計画

もしも旅行の目的地がパパママの実家だったり、親族や友人の家ならば、台所や生活用品もあるので哺乳瓶の消毒は問題はないでしょう。

 

旅行に使う乗り物はどうでしょうか?

 

車の場合なら荷物が多く大きくなってしまっても大丈夫なので、かさばってしまう消毒用ケースが必要な「電子レンジ消毒」を選んでも大丈夫でしょう。

一方で飛行機、電車、バスなどの公共機関を使った移動では少しでも荷物を軽くコンパクトにしたいので、「粉末式か錠剤式の消毒液」を選んだ方が負担は少ないのでおススメです。

 

また一か所の宿泊先ホテルを拠点としないで、移動が必要な場合は荷物を簡単に取り出せ、使えて、片づけれる物が良いですよね。

かい部分で「電子レンジ消毒」で消毒後は水気が付いたままになるので、片づけるのに少し手間がかかってしまいます。。

その点ジップロックと消毒薬なら内側が濡れてても、しっかり閉じて片づければすぐ持ち出せるので便利なんです。

 

宿泊先をチェック

実家などでない場合、宿泊先の設備を事前に確認しておきましょう。

 

ホテルに宿泊をする場合だと、もし施設内に利用できる電子レンジがなければ、消毒液を使った消毒しかできないですよね。

 

ホテルに宿泊する際には、事前に「生後6ヶ月未満の赤ちゃんを連れて泊る」ことを電話で伝えて、どのような乳幼児向けサービスがあるのか確認をしておくと案外荷物が減ります。

 

乳幼児向けのサービスが充実しているホテル、宿だと以下のようなサービスがあります。

・おむつの用意(有料)
・おむつを捨てられる
・寝る際のベビーガード貸出
・ベビーバスチェアの貸出
・家族風呂・貸切風呂
・ベビーグッズ(おもちゃや絵本など)の貸出・
・タオルを追加で頼める(無料)
・お湯の用意
・利用可能な電子レンジ設置

などなど

 

使用済みのオムツの破棄が助かりますよね。
またベビーバスチェアや貸切風呂があるとお風呂の時間も楽しく過ごせるから嬉しいですね!

 

哺乳瓶消毒に必要な荷物

電子レンジ

使い終わった哺乳瓶はキレイに洗浄して、その後に消毒します。

消毒の荷物だけでなく、洗浄に必要な荷物も紹介します。

 

小さなボトルの洗剤

哺乳瓶用の洗剤を100均などで売っているミニボトルに詰め替えればコンパクトになります。

それよりも荷物を減らしたい場合はより小さなボトル(醤油さしなど)を複数用意して、使い切ったら旅行先で捨てていけば、荷物が減っていきますよ。

 

ボトル用のスポンジ

自宅で使っている柄の長いスポンジやブラシを旅行にもっていくとなると、かさばる荷物になってしまいますよね。

コンパクトに持ち運びできるように考えられた哺乳瓶クリーナーがあって、それを利用すれば外出先で哺乳瓶を洗う事がグッと楽になります。

 

粉末か錠剤タイプの消毒液

消毒液を使った消毒方法の場合、1回使い切りで個包装されている粉末タイプか、1粒づつ使える錠剤タイプが持ち運びに一番適しています。

 

ジップロック

哺乳瓶を漬け置き消毒する時に、ジップロックを使います。

宿泊先に適度なプラスチック容器などがあれば問題ないですが、ジップロックなら軽くてかさばらないので持っていくに越したことはないですね。

宿泊先のホテル以外で、もし急遽哺乳瓶の消毒が必要になったとしても対応できるので用意しておくと安心です。

 

電子レンジ消毒用ケース

電子レンジ消毒をする場合に必要です。

何回でも短時間で哺乳瓶を消毒でき、消毒後は保管ケースにもなるので長期間の旅行などにもっていくと現地で重宝しますね。

 

家族に無理ない旅行計画を

旅行計画

旅行先で哺乳瓶の消毒をするならば、消毒液を使った消毒方法でジップロックを持っていけば間違いありません。

 

もしどうしても消毒液のニオイ残りが気になってしまう場合や、車での移動を予定している場合、長期間の旅行を予定している場合は、現地に電子レンジがある事を確認して、電子レンジ消毒でも良いでしょうね。

 

生後6ヶ月未満の赤ちゃんを連れての旅行は赤ちゃんにもパパママにも大きな負担がかかります。家族が無理せずに笑顔で楽しめる旅行を計画して、楽しい想い出を!

 

哺乳瓶の消毒を手軽にすまそう!哺乳瓶のおすすめ消毒方法

The following two tabs change content below.
ヒサくん

ヒサくん

新しいもの好きな30代男子。楽観的な性格に背中をおされ、20代に約5年間の海外生活を経験して、英語とタイ語が使えます。海外にいた時は日本語の先生をしていて、海外から帰ってきてからは派遣勤めで生活しています。趣味はカメラと旅行で、特に自然豊かな場所が大好きです!好物は唐揚げと白髪ねぎ。座右の銘に「初心忘るべからず」。感謝の心と謙虚さを忘れずに明るく楽しく日々を過ごしてます!