注目キーワード

段ボールプログラミングおもちゃembotに子供は夢中!

段ボールプログラミングおもちゃembot(エムボット)をおじいちゃんからプレゼントされた子供は大はしゃぎ!

子供は大喜びして、段ボールプログラミングおもちゃに夢中でチャレンジしていきました。
親がよくわからないプログラミングでも、子供は身近な段ボールという素材で、プログラミングおもちゃに興味を持ち、自分でプログラミンしてロボットを動かしました。

難しいかなと思っていたプログラミンの仕組みを理解しプログラミングおもちゃを作り上げたことに感動しました。たのしい段ボールプログラミングおもちゃembot(エムボット)をプレゼントされたおかげで、プログラミングの楽しさを知り、創造をはるかに上回って、柔軟な頭の回転ができた子供にびっくりしました。

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化になります。

段ボールプログラミングおもちゃembot(エムボット)が来てから、我が家は親子で楽しんでます。

 

段ボールキッドで作るプログラミングおもちゃembot(エムボット)

 

プログラミングおもちゃ

 

子供たちがおじいちゃんからいただいたのは、段ボールプログラミングおもちゃembot(エムボット)です。
段ボールキッドで組み立てます。

おじいちゃんが選んだ理由は、段ボールで組み立てるから面白いと思ったからだそうです。

 

【はさみで切って組み立てる】

箱には6歳以上が対象年齢となっていました。ハサミとのりがあれば簡単に組み立てられるようになってます。

私がいいなぁと思ったのは、プログラミングおもちゃは大抵プラスチックですが、embot(エムボット)段ボールで、なんか素朴な感じがして親しみやすさを感じました。

子供が一番喜んだのは、段ボールを組み立てていく工程でした。おじいちゃんの読みは大当たりでした!!

子供が自分でハサミで切りながら(切り込みは入っています)、組み立てるところです。ワクワクしながら組み立てている時に、どんな形になるんだろう、大きさはどれくらいかなぁと、ロボットをイメージして目が輝いていました。

ここがプログラミングおもちゃの大事な要素、図形や立体の空間の認識になっているんですね!

子供は自分で作業しながら作っていくのが大好きなので、段ボールプログラミングおもちゃは最初から子供の心を満たしてくれました。

 

【プログラミングするアプリをダウンロード】

段ボールプログラミングおもちゃの、embot(エムボット)はこれだけでは動きません。プログラミングをしなければならないのです。

プログラミングはスマホ、タブレット対応の専用アプリからダウンロードをします我が家ではタブレットを使用しました。

プログラミングに対して苦手意識のある私でも大丈夫でした。動画もありましたので、何度でも確認しながら作業ができましたよ。

 

【プログラミンするために動き方を考える】

アプリのダウンロードが終わったら、段ボールのプログラミングおもちembot(エムボット)にどのような機能を付けるかを考えます。子供は自分の作ったロボットが自分の命令で動くことに最初驚きます。どんな動きをさせるのか、プログラミングする上で重要な部分ですからね。

子供に聞きます。「どんなことができると思う?」

じっくり考えさせます。どんな動きをさせたいのか、創造力を働かせていろいろ言います。それをすべて紙に書いていきます。

ここは子供にとって楽しい時間です!とめどなく意見がでますよ!私は、子供ってすごいなぁって、感心してしまいました。

次に、この動きは最初か後か、1、2、3と順番をつけます。プログラミングは、1つ1つの動作をembot(エムボット)にステップを踏んで命令することです。順番をつけて考えるということは、これからのプログラミングで重要なポイントなので、親子で考えるのがいいと思います。

子供がプログラミングおもちゃで順番を考えることは、論理的思考能力(筋道を立ててわかりやすく説明できる能力)を身に付けていくことにつながるそうで重要なんですね。筋道を立てる、わかりやすく説明するという能力は、私も会社で必要とされるビジネス能力です!プログラミングを通じてこういうスキルが子供の身につくということなんですね。すごくいいなぁと思いました。

 

【プログラミングすればロボットが動く】

 

プログラミングおもちゃ

 

プログラミングおもちゃembot(エムボット)は、子供が一人でもタブレットを操作しながらプログラミングできます。

プログラミングで指示をだしてそれを実行させると、ロボットの手足を自由に動かせる!
子供の目の輝きが違いました。

 

プログラミングおもちゃembot(エムボット)ではこんなことができるんです!

 

ロボットの両手を挙げる、両手を下げる、片手ずつ上げる、下げる、動作の連続、繰り返し、スピードを上げるなど、動作を色々プログラミングし、組み合わせることによって、オリジナルロボットを作れるんですよ!

 

自分のプログラミングでロボットが自在に動かせることが子供の興味を引きました。

 

【プログラミングは楽しい】

プログラミングは難しいと思うのは、大人だけです。
「プログラミングで開発するのはすごいことだ、プログラミングは特殊スキルが必要だ」、プログラミングはハードルが高いと思う理由です。

子供には、簡単な操作だったら、楽しいおもちゃなんです!

 

プログラミングおもちゃembot(エムボット)に夢中になってプログラミングをする姿を見ていると、創造力と一つ一つを組み立てる能力があるんだなぁと感心してしまいました。

 

身近な段ボールで作るプログラミングおもちゃembot(エムボット)で、プログラミングは楽しいと思えることが、次のスッテップにつながるのかなぁとおもいます。

 

子供のためには、遊びが大切なことだと思いました。

 

オリジナルにカスタマイズできる

 

プログラミングおもちゃ

 

プログラミングおもちゃembot(エムボット)は、親子で楽しく遊びながらできるようになっています。
いろいろカスタマイズできるんです。段ボールだから、自分でデザインを考えてオリジナルを作れるようになっています。

プログラミングおもちゃembot(エムボット)は、段ボールの特性を活かして色も自分でつけられ、形をヒーローや動物にしてもいいのです。プログラミングおもちゃembot(エムボット)は、子供の個性でオリジナルを作れます。ロボットの形が決まっているプログラミングおもちゃより楽しいなぁと思いました。

 

おじいちゃんが「段ボールでできているのがいいと思った」という理由がよくわかりました。創造力を働かせることができるからなんですね!

 

子供たちは好きなキャラクターや動物の絵を描いて段ボールに貼って、着せ替えのようにして遊んでいます。

 

子供たちの創造力と表現力は大人が考えるより無限ですね!

 

プログラミングおもちゃの楽しさを子供と共有する

 

プログラミングおもちゃ

大切なのは子供が、興味をもって感動できること!
プログラミングおもちゃの楽しさです!

 

自分の指示で動く物が作れる喜びは幼稚園児でも、小学生でも同じです。
男の子、女の子関係なく子供の目が輝きます。

 

我が家は、段ボールプログラミングおもちゃembot(エムボット)が動いた瞬間、歓声があがり大はしゃぎでした!

 

プログラミングおもちゃembot(エムボット)子供と一緒に作ることができて、感動の共有をしたことは親としてもうれしいことで、楽しかったです。

 

プレゼントしてくれたおじいちゃんに完成した段ボールのプログラミングおもちゃembot(エムボット)ロボット(実はクマの形の絵を貼ってカスタマイズ)を見せて、プログラミングの楽しさを説明する姿にちょっと感動してしまいました。

おじいちゃんは孫への最高のプレゼントになったと喜んでいました!!

 

段ボールのプログラミングおもちゃembot(エムボット)は、

価格も1キッド4,800円とお手頃です。

 

 

まず親子でプログラミングを学ぶ第一歩は無理なく楽しくが一番です!

 

段ボールプログラミングおもちゃembot(エムボット)は、子供も大人も感動する、たのしいプログラミングおもちゃです!

 

実は、大人もハマるいろいろなカスタマイズもあるんです!

 

興味がある方はこちらからどうぞ
ご購入もできますよ!(クリックしてね)



子供も大人も楽しめるプログラミング教育教材【embot】プログラミングおもちゃ

 

プログラミング教室は行くべきか

お子さんがプログラミングおもちゃで興味がわいたら、考えてみるのもいいかと思います。
体操、水泳、英語、学習塾と並んでプログラミング教室も重要になってくるのではないでしょうか。

興味のある方はこちらの記事をご参考にしてくださいね!
体験教室あります。

プログラミングってなに?2020小学校で必須化!

The following two tabs change content below.
さくら

さくら

こんにちは、さくらです。子供と一緒にスマホゲームに打ち込む、自称ゲーマーです(^^♪ツムツムやら星ドラに目下夢中です!ゲームイベントでは寝る間も惜しんでゲームに打ち込んでいます!ゲームのライバルは目下息子です!私の方がキャリアが上なのですから、絶対負けられません、ママの意地です、容赦しません(^_-)-☆目を血走らせながらスマホと格闘してます!こんな風にてんやわんやの子育てがひと段落して、やっと自分の時間が持てるようになりました。〇〇ちゃんママと呼ばれて子供と一緒に成長してきましたが、これから少し子離れして、自分磨きもして行きたいと考えています。ゲームを極めたごとくに、世の中のいろんなことに自分が感じた情報を、熱くこのサイトから発信していきたいなぁと思っています。ゲームオタク(夫に呼ばれてます)の私ですが、この鋭い感性で見ていきます。どうぞよろしくお願いいたします。